【彦坂もりひで氏に学ぶ】盛秀cinpの神経精神学 Virtual Congress&リッチライフクリエイト

管理人のCINPが、株式会社リッチライフクリエイトのオンライン集客や神経精神学について語ります

【協賛】
盛秀cinpは、株式会社アースダンボールの経営理念『幸せの段ボール』に賛同しています。

リッチライフクリエイト、どんな会社?

今回は、株式会社リッチライフクリエイトを経営する彦坂盛秀氏が、塾生の天野明さんの実績をインタビューしているオーディオコンテンツを紹介したいと思います。

 

 オーディオはこちら

 

リッチライフクリエイト(彦坂):こんにちは!彦坂です。音声をお聞きいただき、ありがとうございます。今回は、今回はコンサル生の天野明さんがメルマガを配信して月収311万円を達成したということで、インタビューにお越しいただきました。天野さん、今日はよろしくお願いいたします!



天野さん:はい、よろしくお願いします!



リッチライフクリエイト(彦坂):天野さんは、インタビューは3回目になるんですけど、一応、区切りという意味で撮らせていただいてるんですけど、まずは、切りよく月収310万円という形でいいですかね。達成おめでとうございます!



天野さん:ありがとうございます!



リッチライフクリエイト(彦坂):月収というか、2、3日ぐらいですかね。



天野さん:3日間ですかね。



リッチライフクリエイト(彦坂):3日で310万円を達成したということで。簡単に感想とかいただければ。



天野さん:やっぱり、「メルマガってすごいな」と思いましたね。結局、僕がやったことはメルマガを書いただけだったので、やはりメルマガの力というのはすごいなと思いましたね。



リッチライフクリエイト(彦坂):300万円を超えたということで、結構ほっとしたところもあるんじゃないですか?



天野さん:ありますね。大台に乗れたので。狙ってた数字だったので。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうなんですね。



天野さん:ええ。ちょっと300という数字は心の中で狙ってましたので。



リッチライフクリエイト(彦坂):私は100万を目指してやってたんですけどね(笑)。



天野さん:(笑)。でも、ホントに良かったです。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。うまく締めくくりすることもできたし。ちょうど昨日で終了と。



天野さん:そうです、昨日で終了です。



リッチライフクリエイト(彦坂):無事、良かったです。



天野さん:ありがとうございます。



リッチライフクリエイト(彦坂):天野さんのコンサルを私がし始めて、ちょうど1年という感じなんですよ。



天野さん:そうですね。去年の12月は、初報酬が6,900円でしたので。



リッチライフクリエイト(彦坂):コンサル開始初月で、メルマガでリストを集めて、無料オファーとか何かをしたりして、初月で6,900円。それで、あとはどんな感じでここまで来たんですか?



天野さん:あとは、とにかくメルマガを書き続け…書き続け、っていうのは変な言い方ですね。ステップメールを組んで、コンテンツを作って。



リッチライフクリエイト(彦坂):2か月目でも報酬が。



天野さん:2か月目で報酬が15,000円ぐらい上がりました。



リッチライフクリエイト(彦坂):その辺の実績を生かして、3か月目で月収18万。半年ぐらいで50万以上は安定してきているイメージ。



天野さん:そうですね、そんなイメージですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):1年でちょうど月収310万円、っていう感じですかね。



天野さん:ええ。計算したら、去年の収入の451倍でした。



リッチライフクリエイト(彦坂):どういう意味ですか、それ?



天野さん:去年の収入の6,900×450。そうすると、311になるんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):すごいですね。



天野さん:すごいですね。1年でこんなに変わるとは。



リッチライフクリエイト(彦坂):1年前は、今の自分の姿は想像できてましたか?



天野さん:できてません。やろうと思ってましたけれども、ここまで来れると思ってなかったですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):なるほど。来れた要因っていうのは、何かあるんですか?



天野さん:やっぱり僕の中で1番大きいなと思うのは、彦坂さんと出会えたことと、仲間がいたということと、あとは、コンテンツを作れたということですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):MAIL DREAMですね。



天野さん:この3つですね。メンターと良き仲間と、自分のコンテンツ。



リッチライフクリエイト(彦坂):これがあると、あとは行動していけば、1年ぐらいあればこれぐらい行けるよという感じ。



天野さん:そうですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):よく考えれば、天野さんは1年間、ずっと仲間と一緒に頑張ってきたという感じだし、私の下でもずっと。音声もずっと来てもらってるし。



天野さん:そうですね。ほぼ毎日のようにお話させていただいたので。



リッチライフクリエイト(彦坂):じゃあ、あんまり迷うことなく来れましたか?



天野さん:もうとにかく目の前のことを、できることを全力でやってたらという記憶がありますね。ホントに、目の前のことを全力で。それが終わると、何か違う自分ができてるんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):1つステージを上がった自分がいると。



天野さん:そうです。



リッチライフクリエイト(彦坂):今まで月収50数万というのをずっと継続してたと思うんですけど、そこから今は311万というステージに1つ登った印象が私にはあるんですけど、そういった印象はありますか?



天野さん:一皮むけましたね。やはり金額にふさわしい苦労というのはありましたので(笑)。なおかつ、今後もその報酬に見合うような活動にきちんとシフトしてやっていかないと、終わってしまうので。終わるわけにいかないので。



リッチライフクリエイト(彦坂):どうしても売り上げとか稼いだ金額が実力に見られがちなんだけど、本来はそこはあんまり関係なくて、売った後がすべてというところがあったりするので。それは私の活動とかを見てもらえれば分かると思うんですけど。売るだけだったらある程度、スキルとかを身に付けちゃえばできるけど、そこからやっぱり買ってくれた人にいかに成長してもらえるかとか、そういうところが。



天野さん:その辺ですね。今度は、僕が稼がせないといけないので、ホントに責任も重大ですし、楽しみでもありますし。



リッチライフクリエイト(彦坂):やっぱりこうやってお金もいただいてコンサルティングしていったりとか、ビジネスを教えるっていうのは、今、天野さんがおっしゃったように、身が引き締まる思いというか。



天野さん:そう、身が引き締まる思い!



リッチライフクリエイト(彦坂):それがちゃんとしたビジネスというか、価値提供しなきゃいけないという思いになるし、こっちも本気になれる。



天野さん:もう、本気です。



リッチライフクリエイト(彦坂):もちろん向こうも本気だと思うんですけど。



天野さん:ええ。ですから、本気でやっていくためには、より自分を磨かなきゃなと思いますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):上質なインプットもし続けなきゃいけないし、今は311万というのが出たと思うんですけど、これも自動化でも何でもキープしていかなきゃいけないし。あとは、コンサル生を育てて、できれば自分を超えるような人をどんどん輩出できるようになってくると、かなり良いですよね。



天野さん:今回、それなりの方を選別させていただいた感じがあるので。搾りましたから。考えの質が高い方が集まっていると思うので。ホントに自分の全力を傾けて、どんなことをしてでもやらないと。



リッチライフクリエイト(彦坂):ちょうど半年前ぐらいかな。でも、もう12月なんですね。半年前とかそのちょっと前なんかは、天野さん、月収18万ぐらいのころですかね。最初は月収10万を目指してたのが、「月収100万円を達成するのが簡単に思えてきました」みたいのをコミュニティとかに書き込んでたのをちょっと思い出しましたけど。



天野さん:それは、やっぱりお仲間が100という数字を軽々と越えていったので。ですから、「あれ、このようにやっていけばやれるんじゃない?」という感じで、ホントに実感しましたので。



リッチライフクリエイト(彦坂):そこで確信したと。



天野さん:ええ、確信しましたので。そこで、MAIL DREAMが生まれたんですよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):そこで生まれたんですね(笑)。



天野さん:そこで生まれたんですよ。コンテンツが無いと自分のビジネスが立ち行かなくなるっていうことに気づいたので。ですから、頑張れたんですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):あの発言をしてから半年ちょっとかな。8か月ぐらいかな。自分が今度はそう思われる立場になったという。



天野さん:不思議です。この間もコミュニティで「雲の上の人になっちゃいましたね」なんていうチャットが入ってましたけど、全然そんなことはなくて。目指せばできる数字なので。



リッチライフクリエイト(彦坂):確かに自分が初心者だったら、「月収300万円」っていうと相当雲の上の存在な感じはするかもしれないですね。



天野さん:でも、通ってきた道は僕も初心者から入ったので、何とか届くはずだと思うんですよね、頑張れば。人によって時間はかかるかもしれないですけど、届かない数字じゃないので。



リッチライフクリエイト(彦坂):私が個人的に思うのは、月収300万円だったら、300万以上の実力やスキルが無いと、そこからは売っちゃいけないというのは思っていて、見せかけの売り上げだけだったらある程度やろうと思えばできるんだけど、スキルを積み上げて、スキルがそこに達したタイミングで売っていくのが適性かなと思うんですよね。



天野さん:僕はその点、上質なインプットをし続けてましたので。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。手も動かしてたし。



天野さん:手も動かしてたし。ですから今、その自信もありますので。でなけりゃ、できないですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):なるほど。



天野さん:さらに楽しくなってきました。



リッチライフクリエイト(彦坂):奥さんにはもう報告したんですか?



天野さん:いや、うちの奥さんにはまだ言ってないです。娘には言ったんですよ。娘に言ったら、「悪いことしたんでしょ?」って言われました(笑)。



リッチライフクリエイト(彦坂):普通の人から見たらそういうふうに見えるかもしれないですね。お嬢さん、おいくつですか?



天野さん:18です。



リッチライフクリエイト(彦坂):ピチピチな。JKですか?



天野さん:高校を卒業して。ネットのこととかもよく分かってるので。



リッチライフクリエイト(彦坂):大学生とかもみんなネット社会というか、ソーシャル世代というか。



天野さん僕のスマホの先生が、うちの娘なので。LINEとかバンバン教えてくれるので。



リッチライフクリエイト(彦坂):あの世代は強いですね。見てても。



天野さん:だから、うちの娘辺りの知識があれば、本気でやれば。まぁ、彼女の人生なので無理強いはしないですけどね。やってもらいたいなぁとは思いますけどね。



リッチライフクリエイト(彦坂):今はLINE@とかあるから、メルマガが無くてもいけちゃいますけどね。ただ、ステップメールが作れないから、メルマガを作っておいたほうがもっと良いですけど。



天野さん:メルマガは廃れませんからね。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。



天野さん:ここが大きいですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):廃れないし、やっぱり自動で売れるじゃないですか。LINEだと、LINE@はやったほうがいいと思うんだけど、配信し続けないといけない。でも、メルマガだったら自動配信ができるから、大きいかなと思います。



天野さん:大きいですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):まぁ、両方やったほうが良いかなと思うので。



天野さん:僕もLINE@と始めますので。今、研究してます。



リッチライフクリエイト(彦坂):いいですね。結構いろいろYouTubeとかに転がってるので、そういうソーシャルメディアもどんどん取り入れたほうがいいかなと思います。



天野さん:そうですね。やれることはどんなことでもやっていかないと。貪欲に。



リッチライフクリエイト(彦坂):あとは集客ですね。



天野さん:そうですね。集客。ここが僕の1つの課題でもありますね。ちょっと今度はステップメールも見直して。



リッチライフクリエイト(彦坂):ちょっとリブランディングもしなきゃいけないし。もうちょっとリブランディングしたほうがいいかなというのはありますので、実際。



天野さん:なので、僕もブログのほうも経費をかけて、少しリブランディングしようかと思ってるんですよ。やっぱり300万のブランディングっていうのは大きいですから。MAIL DREAMっていうブランディングもありますし。だから、ブログの方も少し、多少の経費は仕方ないとして、バージョンアップさせようかなと思ってるんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):いいですね。



天野さん:少しずつやれることをやって、とにかくきちんとした集客をして、人に指を刺されないようにビジネスをして。



リッチライフクリエイト(彦坂):胸を張ってビジネスをやりたいですよね。



天野さん:やりたいですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):天野さんは法人コンサルもいくつかやってるから。



天野さん:そうです。法人コンサルも増やしていきたいと思っているので。ですから、その法人コンサルのことなんかも、今度はブログに書こうと思ってますので。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。今、法人の方はどうですか?



天野さん:1つはもともと勤めていたホテルのWeb集客ですけど、そこは普通に少しずつ今、僕も力を入れていって。SNSで乗り出していって、集客しようという感じで。



リッチライフクリエイト(彦坂):いいですね。facebookですか?



天野さん:facebookで。今までそういうの無かったので。Facebookグループを作って、今、ガンガン始めたところです。



リッチライフクリエイト(彦坂):あとはLINE@とかメルマガとかを使って、既存のお客さんからの紹介というか、上手くそういう仕組みが作れると。



天野さん:その点もこれから提案して、どんどんやっていこうと思っています。



リッチライフクリエイト(彦坂):とりあえずひと段落って感じですかね。



天野さん:そうですね。ここである程度結果が出ると、また違うコンサルが取れるのかなと思ってますので。やっぱり法人コンサルをやってると、家の中じゃなくて、出かけますので、それってすごく気分転換になるんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):確かにそうですね。



天野さん:基本、うちの中でビジネスをやってますので、ノートパソコンを持って行って、先方の部長さんとか打ち合わせをしながら形にしていくということで、結構楽しくやってます。



リッチライフクリエイト(彦坂):いいですね。実業家みたいな。



天野さん:っていうか、1年前は、ただのボテルのフロントマンだったんですけど(笑)。ここまで変わるとは思わなかったです。



リッチライフクリエイト(彦坂):じゃあ、人生が変わったと。



天野さん:人生、変わりましたね。ホントに好きな時にビジネスをやってますし、やっぱり頭を冷やしたいなと思ったらサウナに行ったりしてますし。



リッチライフクリエイト(彦坂):熱いところに行って冷やすみたいな(笑)。



天野さん:ええ。サウナに入った後の水風呂が気持ちいいという。



リッチライフクリエイト(彦坂):水風呂ね。私はあんまり得意じゃないです。



天野さん:やっぱり時間にゆとりはあるので、きちんとリサーチもできるし、性根を据えてコンテンツも作っていけるので。焦ることなく。



リッチライフクリエイト(彦坂):時間があると、やりたいこともゆっくりできるというかね。



天野さん:余裕があるんですよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):あとは、他人のマーケティングもじっくり研究ができるから。与えられたコンテンツをインプットするだけじゃなくて、他人のマーケティングを研究する余裕もあるので。



天野さん:そうですね。そういう余裕が生まれますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):どんどん良くなって来ましたね、人生が。



天野さん人生がキラキラ輝いてきたなって感じがしますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):いいですね。平日に東京とか横浜とか来れるし。



天野さん:そうなんですよ。ワクワクしてます。あとは、今回、福岡に行くことにしたんですけど、うちのお袋の古い友人が福岡にいるので、行きたいって言ってたので、じゃあ連れて行ってあげるよ、って。親孝行が、これで。



リッチライフクリエイト(彦坂):時間もお金もあるから。



天野さん:ええ。別に航空費も宿泊費も気にしなくていいから、連れて行ってあげるよって昨日話をしてたところなんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):いいですね。やっぱりお金と時間に余裕があると、そういうことができるようになるという。



天野さん:今までできなかった親孝行ができるので。ちょっと嬉しかったですね。いいですね、この世界。



リッチライフクリエイト(彦坂):このインターネットビジネスを1年頑張れば、そうやって1年で良い方向に向かっていくという感じで。



天野さん:そうです。1年で人生が変わるんですから。やればいいんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):相談が多いのは、ノウハウコレクターになっちゃって、5年以上ずっとビジネスをやってても成果が出ませんとか。昨日も、僕、4年半くらい前に初めてインターネットビジネスを始めた時に一緒に始めた人と、ちょうどたまたまSkypeで音声で話してたんですけど、やっぱり彼は変わってないんですよね。



天野さん:結局、マインドなんですよね。マインドっていうのはいろいろあるじゃないですか。たくさんのマインドがあるんですけど、一番大切なのは、「やるかやらないか」っていうところ。強い気持ちで取り組むか。それが本当の本物の強さじゃないと続かないと思うんですよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):天野さんはめちゃめちゃ強い印象がありますね。「絶対やってやるんだ!」っていうね。



天野さん:もう、絶対やってやろうと思ってましたので。



リッチライフクリエイト(彦坂):最初のほうとか、「結構ガツガツしてるなぁ」って私が思うぐらいだったので。そういう思いは伝わってましたね。



天野さん:ホントに結果を出したかったので。そこが原点じゃないかと思うんですけどね。



リッチライフクリエイト(彦坂):頭で行動しなきゃいけないとか、やらなきゃいけないって分かってるんだけど、できないっていう人って多いと思うんですよ。それはどうすればいいですか?



天野さん:そういう人たちには、とにかく習慣づけるしかないので、やること、タスクを書き出して、僕もそうでしたけれども、淡々と1つずつ書いていって、1つずつ終わったら消し込んでいく。そういう形で僕はタスクを1つずつやっていました。



リッチライフクリエイト(彦坂):私のメルザップにも、「自信を取り戻す方法」というので、タスクをまず書き出して、その並び替えをして上から順番にやっていくっていうのとか、「夢ノート」っていうのも、一応コンテンツでマインドであるんですけど、長期的な目標、中期的な目標、短期的な目標とか、日々のタスクっていうか、そういうのを全部落とし込んでやりましょうっていうコンテンツを作ってはいるんですけど、それを実際やっていたってことですよね?



天野さん:そうです。実際それをやらないと、やっぱり人間、楽をしちゃいますから。どうしても、僕の場合は、夜はあまりビジネスの作業はしなくて、朝方、早く起きてやってたんですけれども。



リッチライフクリエイト(彦坂):それは私のマインドセットの中でも言ってたやつですね。



天野さん:やっぱり朝だと集中力も良いですし、効率化もできるので。そこでまずタスクを見直して、今日はこれをやろう。終わったら、じゃあ、これだと。そういうのを日々繰り返しでやっていました。



リッチライフクリエイト(彦坂):終わったらタスクを消して。



天野さん:そうです。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうすると、今やることっていうのがはっきりしてるから、止まらないし。それをやらないとダメですね。



天野さん:やらないとダメだと思います。



リッチライフクリエイト(彦坂):モチベーションとかはあまり関係ないですか?



天野さん:モチベーションは実は関係あるんでしょうけど、普通に考えたらビジネスなので、例えば会社勤めの場合、会社に行くときに、今日は気分が乗らないから、会社行くのやめよう、っていう人はいないじゃないですか。それと同じ感覚でやらないと。だから、副業思考が強すぎるとダメですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):会社って他人のビジネスじゃないですか。他人のビジネスは時間も守って行くし、休むことなく行くんだけど、一番大事な自分のビジネスは真剣になれないっていうか、後回しにしちゃうっていうのは、やっぱり厳しいですね。



天野さん:それはちょっと厳しいですね。やっぱり、自分のビジネスというか、自分の人生が本業なので。なりたい自分になるためには、行動しないとダメですからね。彦坂さんはご存じだと思いますけど、僕のお仲間の起業家の皆さんで成果を出している方は、やっぱりやってますよね。行動してますよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。行動してるし、素直だし、その辺はやっぱりみんな共通してますよね。



天野さん:モチベーションは一定で、淡々とやってますよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):ある程度目標があって、その逆算でどういうタスクをこなしていけばいいかを書き出してると思うので、その中でまたタスクが出てくると思うから、それを日々1つずつ上からやっていきながら消していけばたどり着く。あとは、ちゃんと良いメンターと正しいマーケティングを理解した上でやっていけば。



天野さん:そんなに難しい事じゃないと思うんですけど、そこが難しいと思っちゃうと厳しいなと思いますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):私は今、ジムに週4で行ってるんですよ。会員費を払って行ってるんですけど、7月からやってたからもう4か月ぐらい。とりあえず欠かさず行ってるんですよ。無志向で。中には、幽霊というか、会員費だけ払って行ってない人も、最初だけやってて行かなくなる人もいると思うんですよ。その差って何だと思います?僕は無志向で行けちゃうというか。



天野さん:要するに、優先事項というか、何のための目的っていうか、それが曖昧なんじゃないですかね?やっぱり健康な身体作りをしたいと思ってジムに入るわけですよね。でも、いつの間にか入っただけで満足してしまう。でも、本質の目的を考えたら、通わなければ無意味じゃないですか。ビジネスも一緒ですよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):私の場合は、最初は筋肉とかあんまり興味が無かったんですけど、健康診断がすごく良くなくて、運動不足ってことで。運動するなら、筋肉を付けようかってことで。筋肉を付けるためには、じゃあ一応ビッグ3っていって胸筋・背筋・脚を週4で2回ずつ鍛えて、1年ぐらいやれば、YouTubeとかを見てると結構ムキムキになってるから、このペースでやっていけば1年後ぐらいはこの辺になるのかなというイメージで、週4で行って、だいたい1週間に2回ずつやるんですよ、胸も、脚も。それを自分の中で習慣、計画を立てたから、たぶん無志向で行って、やって、帰って来るみたいのをやっているっていう感じ。



天野さん:それ、よく分かります。



リッチライフクリエイト(彦坂)モチベーションとかあんまり関係なくて、最初に決めたからそれをやり続けるって。



天野さん:そうですよね。



リッチライフクリエイト(彦坂):ビジネスはもうちょっと志向したほうがいいと思うんだけど、習慣に関しては、朝目が覚めて、トイレ行って、パソコンに向かうとか、それもそうだと思うんだけど、無志向でそこにもう行っているというか、その習慣化までやっていかないときついかなとは思いますね。



天野さん:僕はその習慣を付けるために、最初はやっぱり我慢しましたからね、いろいろなことを。



リッチライフクリエイト(彦坂):何を我慢しましたか?



天野さん:例えば、前の晩に飲むお酒をやめたとか。

リッチライフクリエイト(彦坂):結構毎日飲んでたんですか?



天野さん:飲んでました。でも、このビジネスに関わってから、ピタッとお酒をやめましたので。やっぱり、朝起きるのが、お酒を飲んでしまうとなかなか起きられなかったり、顔がむくんでいて頭がボーっとしていたりするじゃないですか。お酒は好きなんですけど、家飲みはもうやめましたね。



リッチライフクリエイト(彦坂):それは何でやめたんですか?



天野さん:やっぱり次の朝、きちんと行動したいから。



リッチライフクリエイト(彦坂):僕が言ったからじゃなくて(笑)?



天野さん:ホントですよ。ホントにやめたんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):健康にも良くないですからね。健康診断でも、酒とか運動不足が出やすいから。



天野さん:ただ、決してお酒をやめたわけじゃなくて、楽しい仲間と飲んだり、そういう時はちゃんといただきますけれども。



リッチライフクリエイト(彦坂):家で飲む必要はあんまりない。時間とお金をビジネスに投資したほうがいい。



天野さん:そうです。飲んでて、訳の分からないYouTubeを見てるよりは、さっさと寝ちゃったほうがいいと思うんですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。特に副業だったら、もう帰ったら寝て、朝早く起きてやるのが、一番効率的には良いと思ってますけどね。私もそうやってやってましたし。



天野さん:僕もそうでしたので。ちょっと家族との会話も減りましたけど、今だけだと思ってるので。



リッチライフクリエイト(彦坂):今はそのおかげで、残りの人生はたくさん家族と一緒に過ごせるし、親孝行もできるし。



天野さん:親孝行もできるし。今年もクリスマスプレゼントは奥さんにもきちんとあげられるし。



リッチライフクリエイト(彦坂):温かく見守ってくれたし、会社も辞めさせてくれたし。やっぱり家族の配慮がないと難しいですよね。



天野さん:ホント、気持ちの問題なんですけど。そういう余裕ができるんですよね、ゆとりが。昨日も楽天でどんなものを買ってあげようかなと思って見てましたので。そういう余裕っていうのも生まれたので。今までそんな余裕すらなかったので。



リッチライフクリエイト(彦坂):やっぱり余裕がないとストレスにもなるし。夫婦だったら余計な言い合いとかもなくなるし。ゆとりができるとね。



天野さん:そう、そう。僕も奥さんに何か言われれば、「いーよ」ってひと言で言えますもんね。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですよね。お金のことでもめるってことが、まずないし。



天野さん:お金のことでもめることは、ホントにもうなくなりましたね。



リッチライフクリエイト(彦坂):時間が無いからもめるっていうこともなくなるし。



天野さん:それもなくなって。今は家事もやってますし。



リッチライフクリエイト(彦坂):天野さん、料理上手いですもんね。



天野さん:ありがとうございます。料理はちょっと得意なんで。



リッチライフクリエイト(彦坂):後はやめたのはお酒以外、何ですか?



天野さん:お酒と、テレビ。テレビはやめました。ホントに今年、オリンピックとかも見たかったですけど、見てないので。



リッチライフクリエイト(彦坂):コンサル生のゆげさんも、「1年で甲子園が1番楽しみなのに今年は見てないですね」って言われちゃういましたけど(笑)。



天野さん:ホントに、見てる時間がなかったですし、そんなの見てるんだったら、夜の再放送とかやってるじゃないですか。そういうのも見ないで寝てましたので。



リッチライフクリエイト(彦坂)1年我慢して、残りの人生がたくさん時間ができるんだったら、1年とか2年とか3年ぐらいは別にいいのかなと思いますけどね。



天野さん:やっぱり、現役人生、80年あるじゃないですか。80歳ぐらいまでは元気にいる人が多いわけですよね、世の中。その時に、お金が無くて苦労しているよりも、今、頑張ってお金を作って、余裕を勝ち取って、さらにマネタイズをして集客をしてやっていけば、もっと良い人生が送れるというふうに確信してますので。



リッチライフクリエイト(彦坂):稼ぐ力もそうだし、仕組みとかも今のうちに作っちゃったほうが、普通に生涯年収が相当上がりますし。



天野さん:僕もこれから仕組み化をもう少し。今もできてはいるんですけれども、また1つステージを上げて仕組み化を作らないといけないので。



リッチライフクリエイト(彦坂):「パネル」って言っていると思うんですけど、パネルを作っていかなきゃいけないし、集客量も増やしていけばもっと良くなりますよね。



天野さん:その点は、まだまだ勉強しなきゃいけないところなので。



リッチライフクリエイト(彦坂):そこもちゃんとステージアップしたので、教えていくので。



天野さん:お願いします。



リッチライフクリエイト(彦坂):ちなみに、あとやめたこととかって何かあるんですか?変えたこととか。お酒とテレビ以外に。



天野さん:変えたことは…テレビやめて、お酒やめた…あ、無駄な飲み会に行かないですね。お酒もやめたし。



リッチライフクリエイト(彦坂):今までは行っていたんですか?



天野さん:月に1回か2ヶ月に1回ぐらい、会社の仲間内で飲もうよって話になってたんですけど、そういうのは一切お断りしてましたね。



リッチライフクリエイト(彦坂):何でお断りしてたんですか?



天野さん:やっぱり意味がないし、会社の愚痴を言って、上司の愚痴を言ってストレスを発散できるんであればいいんですけど、別に僕はそれでストレスを発散したいと思わなかったし、会社を辞めようと僕は思ってましたから、その会社で悪口を言ったって、何か変わるわけじゃないし。



リッチライフクリエイト(彦坂):自分には関係のないことですもんね。



天野さん:そう。会社の中では一匹狼的感じになっちゃいましたけど。付き合いもしないし、休憩時間は本をずっと読んでましたし、隙間時間は音声を聞いてましたので、「何してるんだろう」ってみんな思ってたと思いますけど。



リッチライフクリエイト(彦坂):ノート持って。ネタ帳を持ち歩いて。お笑い芸人みたいな感じで(笑)。



天野さん:何やってんだろうって。仕事が終われば、速攻家に帰ってたし。ホントにみんな不思議に思ったと思いますよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):世の中の人って、例えば会社勤めだったら、同じ会社の人だと同じような恰好して、同じような給料もらって、同じようなものを食べて、同じようなものを飲んで、同じレベルの家に住んで、同じようなレベルの地域に住む、みたいな。だから、同じ年収だったりするんですけど、そのライフスタイルを変えていかないと収入は上がらないし、また同じような休みで、同じような時期、同じような旅行に行ったりとか、そういうふうになっちゃうんですよね。それを全部逆にしていくと、収入も全部逆になっていくというか。そこに気づかないといけない。



天野さん:そこに気づかないといけないですね。このビジネスをやってて、別にお酒を飲んじゃいけないとは言わないですけど、結局、優先順位を考えたら、お酒を飲むべきじゃないだろうなと思うので。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。自分の人生を最優先した場合に。



天野さん:そう、自分の人生を最優先で考えたら。それも、一時だけですからね。1年我慢すればいいことで。もしくは、2年我慢すればいいことで。



リッチライフクリエイト(彦坂):まぁ、月収100万円レベルであれば、1年あれば。



天野さん:月収100万円レベルであれば、1年あればできるので。



リッチライフクリエイト(彦坂):月収1,000万円とかだったら、2年は割いて欲しいなっていうのは印象ですけど。



天野さん:そうですね。2年はかかると思いますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):実力を積むうえでは。



天野さん:実力を積んで、もっと大きなブランドを作らなきゃいけないので。



リッチライフクリエイト(彦坂):もっと先を目指すんだったら、私は一生ビジネスと付き合っていくっていう意識があるから、日々勉強だと思うんだけど、サラリーマンほど働いてはいないから。



天野さん:僕もそうです。この間、昔の友人から急にどうしても会いたいって連絡がかかってきて。



リッチライフクリエイト(彦坂):女性ですか?



天野さん:そうです、女性です。



リッチライフクリエイト(彦坂):メルマガで言ってましたね。



天野さん:ちょっと会うだけ会ってみようかなと思って、1時間ぐらい会ったんですけど、やっぱり僕が仕事をしていないことに驚いてましたね。



リッチライフクリエイト(彦坂):脱サラしたのにね。



天野さん:脱サラして、取り組んでる時間。実際にパソコンに向かってやってるのは、何時間ぐらいなんですか?って聞かれたんですよ。「アウトプットしてる時間は1日3時間かな」みたいな話になったら、「ホントですか?!」っていう話にもなったので。



リッチライフクリエイト(彦坂):少ない、という意味で。



天野さん:そう、少ないという意味で。でも、1日のうちで、インプットしてアウトプットして、時には時間が余っちゃうときもあるので、そういう時はひたすらインプットに充てようと思って。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。情報はいっぱい転がってるし、人のマーケティングとか見てるだけで。



天野さん:それをやってますね、今、僕は。



リッチライフクリエイト(彦坂):教えてもらわなくても、見て、真似すれば。例えば、LINE@もそうだし、facebookグループとか、「こういうふうにやってんだ」とか。スキルが上がれば、できるようになる。



天野さん:人のメルマガを見たりするのも勉強になりますしね。



リッチライフクリエイト(彦坂):スキルのないうちは、ちゃんとしたメンターに教えてもらって、方向付けしてもらって。教えてもらわないと、ちょっと厳しいか、時間が相当かかっちゃうから。



天野さん:やっぱり、メンターがいないと、一直線で行けないと思いますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):今日は何をしていいか分からないっていうね。そういうのが出てきちゃうから。



天野さん:自分が信じてやってた道が、実は間違えてるって場合だってあり得ますから。



リッチライフクリエイト(彦坂):あり得ますね。そもそもそれは、遠回りでしょ?っていう方もいますからね。



天野さん:ええ。それは逆でしょ?って人も中にはいるので。



リッチライフクリエイト(彦坂):いますね。



天野さん:でも、人生って変わるんですね、1年で。



リッチライフクリエイト(彦坂):ホント、ちょうど1年だから、区切りがいいですね。



天野さん:区切りがいいですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):ちょうど1年前、私が月収300万円だったので。ちょど1年違うっていう感じですね。ここからが。私がこの1年何をしてたかっていうのは、天野さんは見てると思うから(笑)。



天野さん:ええ。それはもう、継承していきますから。



リッチライフクリエイト(彦坂):あそこまでやっちゃうと、すごく行けますよね。



天野さん:とにかく、やりますよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。まぁ売るまではもちろん力を入れてやるんだけど、売った後、全力でやってほしいというのがあるので。そこが9割方を占めるかなっていうふうに基本的には思っているので。



天野さん:やっぱりそこが大きいですね。そこができないと、次が無いですから。なので、そこに今度は集中して。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。もう集中できる環境だと思うし。



天野さん:もう極端な言い方をすると、24時間できますから(笑)。



リッチライフクリエイト(彦坂):また今度横浜に来られるということなので、ゆっくりお話を聞かせてください。仲間も一緒に来ると思うんで。



天野さん:ホテルも取りましたんで。



リッチライフクリエイト(彦坂):じゃあ、最後に何かありますか?



天野さん:この音声を聞いてる人に言いたいのは、「1年で人生って変われるよ」ってことは伝えたいですね。実際に僕がそうなので。



リッチライフクリエイト(彦坂):良いメンター、良い仲間、そして、コンテンツ。そういうのをちゃんと準備できれば、年収100万とか300万とか行けちゃうよ、という良い見本ですよね。



天野さん:良い見本になれたら嬉しいですね。



リッチライフクリエイト(彦坂):特に天野さん世代の方からはやっぱり反響が良いですね。僕のメルマガの読者さんとかからも。やっぱり「刺激されました!」って方が多いですよ。



天野さん:ホントですか?僕のところに来てくれないかな。



リッチライフクリエイト(彦坂):全然行ってると思いますけど。僕のところも、加藤さんとかも50代だし。結構若い人が実績出すのは簡単といえば簡単じゃないですか。50代で成果を出してくると、みんなやっぱり元気をもらえるんですよね。



天野さん:あー、もう50代って言ったら、半分死に損ないの思考ですからね(笑)。



リッチライフクリエイト(彦坂):人生経験が多いから、やっぱり。それを生かすも殺すも、その人次第だから。



天野さん:自分次第ですよ。



リッチライフクリエイト(彦坂):これがいい循環になるとかなり良いかなと。



天野さん:そう信じてやっていくし、これからもどんどん次の目標に向かって邁進していくし、もっとワクワクしてきますね。



リッチライフクリエイト(彦坂):そうですね。じゃあ、さらに次のステージに向けて頑張っていきましょう!



天野さん:はい、ありがとうございます!



リッチライフクリエイト(彦坂):はい、ということで、今日はメルマガのマーケティングで、わずか3日で月収311万円を達成した天野さんのインタビューを撮らせていただきました。天野さん、今日はありがとうございました!



天野さん:はい、ありがとうございます!